育毛剤

男性型脱毛症と壮年型脱毛症

男性の脱毛症と言えば、男性型脱毛症と壮年型脱毛症と呼ばれる症状があります。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響でおこるとされ、前髪の生え際が頭頂部に向けて上がってしまったり、頭頂部の髪が極端に薄くなることで地肌が露出してしまう症状で、漸進的に悪化するのです。
一方で壮年型脱毛症というのは、男性型脱毛症の中でも青年期から壮年期にあらわれる現象で、最後には全ての髪が抜け落ちてしまうこともあるそうです。
どちらの脱毛症も、男性ホルモンや遺伝の影響を強く受けていると言えますから、男性向けの育毛剤にはトラブルを解決に導く効果を持った成分が使用されています。
男性のための育毛剤に用いられている有効成分の中で、「ミノキシジル」は一般的によく知られています。
知らないという人もいるかもしれませんが、数ある脱毛症の中でも頭頂部に見られる現象に効く成分で、生え際などの部分には見違えるほどの効果がもたらされることはないようです。
これはアメリカで認可された成分で、配合されているのは「ロゲイン」や「リアップ」などのような育毛剤です。
ちなみに、「ミノキシジル」は高血圧治療に使われる成分と位置づけられていましたが、薄毛の改善効果が得られるという思わぬ出来事が発生したため、育毛剤として使われるようになったと言われています。
このように、育毛効果に期待が持てますが、血圧が低くなってしまうなどの症状や、心臓や血管といった部位に副作用が起きてしまうと指摘されているのです。
もう一つ、主な育毛剤の有効成分に位置づけられているのが「プロペシア」という成分です。
アメリカの製薬会社がプロペシアを育毛剤として生み出し、認可を受けたもので、数多くの国で利用されているのです。
元々は前立腺がんといった病気の治療薬として用いられる医薬品でしたが、発毛効果があったことから開発されました。
「プロペシア」は「ミノキシジル」とは異なり、強い副作用は出ないといわれてはいますが、女性が使用すると強い副作用があるため、使用不可能となっています。